サラダのデメリット

野菜の中には熱を通すと栄養成分が壊れてしまって、食べたとしても栄養成分を摂取する量が少なくなってしまう野菜がありますが、全ての野菜が生で食べればよいというわけではありません。つまりは、サラダを食べることにもデメリットがあるということなのです。

サラダと茹でた野菜を比較した際に、茹でた野菜の方が優れている点は、サラダよりも量をいっぱい食べることができる所です。野菜は熱を通すとカサが減ります。ほうれん草などは、茹でる前後で大きく量が変わります。また、サラダの場合には、どうしても体を冷やしてしまうリスクがあります。そのため、代謝効率を落としてしまったり、足がむくみやすくなるなどのリスクがあります。

茹でる時には、何も考えずに茹でるのではなく、効率的な茹で方をマスターするようにしましょう。実は野菜の多くが、茹でる時間を調整することによって、栄養成分の摂取量をコントロールすることができるようになっているのです。ほうれん草の場合には、生の状態と比べて3分間茹でた場合には、栄養成分の残存率は50パーセント弱にまで落ち込みますが、2分でとどめておけば、60パーセント以上の栄養成分をとどめることができます。野菜によって、茹でる時間を調整しながら、調理をするようにしましょう。