生で食べるべき野菜

野菜には、調理をした方が栄養成分を摂取しやすい野菜と、生のまま食べた方が栄養成分を摂取しやすい野菜があります。そのため、野菜によって調理方法を最初から限定しておくことが重要になります。調理方法を限定しておけば、食事のメニューなども決めやすいですし、余計な食材の買い過ぎも防ぐことができます。

生のまま食べた方が良い野菜として有名なものがタマネギです。タマネギに包丁を入れると目にしみたり、独特の匂いがすると思いますが、この目に染みる成分が抗がん作用であったり、抗炎症作用があります。タマネギは熱してしまうと、抗がん作用と抗炎症作用の両方が失われてしまいますので、生のままで食べるようにしましょう。

また、キャベツやケース、カリフラワー、ブロッコリーなども生のままで食べた方が栄養成分を損ねず食べることができます。これらの野菜には、共通してグルコシノレートという栄養成分が配合されております。グルコシノレートは、強力な抗がん作用があります。また、ミロシナーゼには、細菌から身体を守ってくれる効果があります。どちらも熱が加わると壊れてしまったり、体内で吸収しにくくなってしまう栄養成分ですので、生で食べるようにしましょう。