β-カロテン

β-カロテンは、ニンジンやモロヘイヤ、ほうれん草、トウガラシ、春菊などに多く含まれている栄養成分になります。β-カロテンは、体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を丈夫にする効果があります。また、β-カロテンを効果的に摂取することによって、夜間など暗い所での視力の維持やガンを予防する効果、アンチエイジングなどの効果も期待できます。また、連日ニュースなどに取り上げられている新型コロナウイルスなどに感染しにくくなる免疫力の強化にも繋がりますので、積極的に摂取すべき栄養成分だと言えます。

β-カロテンが多く含まれておりますニンジンやモロヘイヤを摂取する時には、必ず油と一緒に摂取することが重要になります。栄養成分は、人間の体内で100パーセント摂取することができるわけではありません。そのため、より摂取することができる調理方法が重要になってくるのですが、このβ-カロテンの場合には、油と一緒に摂取することによって、β-カロテンの吸収率を大幅に向上させることが確認されております。そのため、ニンジンなどを食べる時には、油で炒めたり揚げ物として調理方法を選ぶようにしましょう。ダイエット中でなるべくカロリーを抑えたいという場合には、ドレッシングやごま油を加えるのがおすすめです。